DSCF0927

施設転居及び家財整理

福祉関係の職員の方からご相談をいただきました。

・近親者がいないお一人暮らしの方が施設に入る事になった。

・年金のみで生活しているので予算に限りが有る。

・現在住んでいる家は転居後解体となる(解体費用は土地の持主が負担する)

・限られた予算で近くの施設への引越しと残った家財整理をしたい・・・

限られた予算で・・・

(それも通常ならば、絶対に不可能な金額)

ご利用者様を思う職員の方、肩をすくめながら心配そうに見守るご利用者様・・・

お役に立ちたい? でも、予算が・・・

・引越しの荷作りは専門業者を使わず、私と私と職員で力を合わせて!

・近距離移動だから、引越し用のダンボールは新品を使わず、スーパーからもらって・・・

・施設への移動の荷物で大きいのは仏壇だけだから、私の乗用車と職員の方のライトバンの2台で・・・
(トラックを出さず自家用車ならば、お金はいただかず、純粋にボランティアしよう)

・家財道具撤去後、解体するなら清掃の必要はない・・・

*でも、詳細に整理するお宅の家財道具を観ると10?コンテナ1台では積みきれない・・・

・まずは軽トラックでリサイクルが義務ずけられている電化製品を中心に搬出

・それから10?アームロール車に満載まで積み出してみよう!

(そこまでやって残ったら市の職員の方と相談しよう・・・)

量が多く大変でしたが、頑張りました!!!

金額的なご相談は限界も有りますが、整理プランやご希望に沿うやり方の提案は得意です!!!

遠慮なくお申し付け下さい!!!

整理前室内写真1

DSCF0928 DSCF0929 DSCF0930

整理前室内写真2

DSCF0931 DSCF0932

整理後室内写真

DSCF0961 DSCF0962こちらの住宅はこの後、解体業者様にて解体となりました。

DSCF0905

庭木伐採

普段からお世話になっています、法律関係の先生から

・身内が剪定中の自宅庭の木から落ちてしまい亡くなってしまった。

・その木を見る度に故人を思い出して辛いので、その木を伐採したい

とのご相談をいただきました。

DSCF0901

職人さんの手作業で進めて行くしかない位のスペースでした。

早速現場を確認したところ
・伐採する木は高さ5M弱

・庭の入口が狭く高所作業用の車は入れられない

・隣接している駐車場には高所作業車は駐車可能だが、平日は車が駐車されている。

・駐車場の所有者とは付き合いがない

との事。

作業手順

まずはお清めから

DSCF0902

上の方から枝を切り取っていきます。

DSCF0909

最後は下の方へと…

DSCF0910

ほとんどなくなりました。

DSCF0911

完了です。

DSCF0914

 

 

 

 

 

 

DSCF0921

遺品整理・公営住宅代理返還パック(2社相見積り)

団地でお母さんが亡くなってしまったので遺品整理の見積りを

・市の職員の方から弊社を紹介してもらった

・葬儀社さんからも他社を紹介されているので、相見積りとなる

・ご依頼主は他市に住んでいて、休みは日曜日だけ

 

指定された日時(日曜日の午後)にお邪魔し、ご希望を伺い弊社の料金及びプランをご提示

相見積り先の提示後に判断し、連絡下さるとの事

 

・遺品整理価格で弊社が1~2割安かった

・退去に必要な掃除は別に料金が必要と言われ、強く勧められ追加請求が有りそうに感じた

*弊社でも本格的なルーム清掃は出来ますが、公営住宅の場合は指定業者に任せた方が最終検査がスムーズに済み、結果的にご依頼者様の経済的・精神的な負担が軽くなるので指定業者に依頼する事をお勧めしています

・他社には代理返還パックが無いので何回も現地から他市まで(役所が営業してる平日会社を休んで)来なければならない

・弊社の段取り・費用の説明や経験に基ずいた提案が信頼出来た

 

上記の理由でご依頼をいただきました。

 

早速、市役所に行き退去手続きをし、部屋の退去前の確認日を決める等の段取りをしました。

室内写真1

DSCF0923 DSCF0922 DSCF0920

室内写真2

DSCF0919 DSCF0918 DSCF0917

室内写真3

DSCF0916→遺品整理後のレポートはこちら